個別指導の塾ならより集中的な学習指導を受けられる

女性

過去問を参考にする

作文用紙

大学受験で出される小論文には毎年異なるテーマが決められています。受験するのが文系であるのか理系であるのかによってテーマが変わることもありますが、年度によって受験している大学を志望した理由など、学部に関係ないテーマが出されることもあります。また、大学によっては小論文がないこともありますので、事前に確認しておくようにしましょう。小論文はただ自分の意思や考え方を文章にすればよいのではなく、論理的な文脈になるように構成する必要がありますから、普段から自分の考えを論理的に表現出来るようにしておくとよいかもしれません。そのための訓練として、本を読むなどをしてボキャブラリーを増やしたり、知識を積極的に取り入れていくことも大切です。

小論文は過去問と同じように前の年に出題されたテーマをみることが出来ます。小論文のテーマは大学受験に特化したサイトなどで調べられ、他にも予備校などでも調べることが可能です。ですから、過去に出されたテーマで小論文の書き方を練習しておくと本番でもしっかり対応出来るでしょう。教育学部は教育に関するテーマ、美術部はアート系、医学部は医療や看護に関するテーマなど、自分が進学を希望している学部にあったものが出題されることがあります。そのため、その分野の専門的な知識や自分なりの考えをある程度持っておくことが大切です。特に教育や経済学部などは時事に関することをテーマに出題することもありますから、ニュースや新聞などに目を通しておくと小論文を書きやすくなるでしょう。